ミニマリストにはシェアハウスがピッタリです!

私は自他共に認めるミニマリストです。必要最低限のモノしか持たない主義で、今住んでいる中目黒のマンションでもほとんどモノを置いていませんでした。友人を部屋に呼んだときもさすがに驚かれましたね。「人間ってこんな質素に生活ができるの?」と。ある日、別の友人を部屋に呼んだときに「これならシェアハウスに暮らしたほうがいいんじゃない?」と言われ、「確かに!」と衝撃を受けました。今住んでいるところはもうじき契約更新になるので、それならシェアハウスに引っ越してしまおうと思ったんです。別に中目黒から場所を移す必要はありませんでしたから、中目黒でシェアハウスの物件を探し始めました。調べてみると、家具や家電が揃っている物件ばかり。スーツケース一つで入居できる気軽さが売りらしいです。極力モノを持ちたくない私にピッタリの条件で驚きましたね。また中目黒という高級住宅地で、普通の一人暮らしよりも安く、かつ好条件な物件に住めるというのは大きな魅力だと思います。その後、いくつか気になる物件に問い合わせて内見を申し込み、実際にシェアハウスを見学しに行きました。雰囲気や特徴はそれぞれ違いましたが、基本的にはどこも家具、家電、設備すべてが充実していて、掃除も行き届いているような印象。ちなみに物件によっては、共有部は管理人さんや業者さんが定期的に掃除を行ってくれるそうです。内見を終えてよりシェアハウスへの期待が高まった私は、一番気に入ったシェアハウスへの入居を決めました。同時に、今住んでいるマンションに置いてある家具や家電を捨てたり売ったりして、引っ越しの準備を進めていきました。ただ、準備をしているときに気付いたことがあって。そこまで引っ越しの準備は大変ではなかったんですけど、ミニマリストを自称しておきながらも思った以上にモノがあったんだなと実感。でも、次の引っ越し先にはスーツケース一つで入居できてしまいますし、本当の意味でミニマリストになれそうでワクワクしています。中目黒には美味しいお店がたくさんあって以前はよく外食していましたが、シェアハウスにはキッチン用品が一通り揃っていますから外食よりも自炊する機会が多くなりそうです。今から想像するだけでもドキドキがとまりません。これからのシェアハウスでの生活が楽しみです!